前へ
次へ

不動産登記手続きの基礎知識

不動産売買が生じると、誰に所有権が存在しているのか、誰から移ったのかということで、売主と買主間で所在を、法的に明確化することが求められます。
売買により、不動産取得を登記しない限り、法律上は所有が決定しません。
こうした入用な手続きを、不動産登記といいます。
不動産登記の申請をするため、申請書及び添付書類の必要な事を記したうえで登記所へ出すこととなります。
手続きには、不動産会社が入っていることが多いです。
購入の時の銀行決済において、司法書士が銀行や不動産会社に抱えられていますので、一般的にはそのプロセスで、自ずと登録へと進むパターンが大部分です。
しかしながら、個人個人で申請書を作り上げて登記所に出すことも可能です。
こうした場合、司法書士代や登記のコストが少なからず削減できます。
所有権移転の権利についての登記は、複雑な面も多くあるため、時間のない会社員や自営業の人は、司法書士にお願いすることも多くあります。

Page Top