前へ
次へ

不動産登記とはなにを目的にやるのか

不動産はどんな人にとっても多くの場合貴重な財産の一つであると言えるでしょう。
それはよいのですが、基本的には土地の売買をするということにも安全性とか確実性というのを止める人の上です。
そして、終わったときには登記をすることになります。
この土地は自分のものということを主張するためには不動産登記をするということが重要になります。
不動産について取引の安全や円滑をはかるために公示させることが実は必須となっています。
つまはり、この不動産は誰のものであるということを明確に公示させるような制度というのが不動産登記制度ともいえます。
個人情報ではないか、と思うかもしれませんが、これができないと土地の整理とかこの土地が欲しいがどこにアプローチすればよいのか、といったようなことで社会的に混乱するということがありますから、法務局にいけば何処の誰が持っているのか、ということがわかるようなシステムになっているというわけです。

Page Top