前へ
次へ

不動産登記の効果と専門家に依頼する必要性

イメージしていたマイホームを買い付け、法律上は所有権移転しても、不動産登記をして登記簿名義を変えないと、第三者に対しまして個人所有物であると主張できません。
そのため、不動産登記のプロフェッショナルである司法書士が登記に関する手続きのサポートをすることにより、権利保護を図れます。
それに加えて、ローンを活用するときは、融資金を担保するため、金融機関については抵当権等の担保権設定登記を融資条件にしています。
したがって、登記に関する手続きをする必要があります。
そして、住宅ローン返済が終了すると金融機関より書類を手渡されますが、登記に関する手続きを実行しなければ抵当権等の担保権の登記は登記簿に残存している状態になってしまいます。
こういった手続きは、どういった書類が求められどの様な手続きをすることが求められるのか等、一般人には負担の大きいものになります。
そのため、プロフェッショナルである司法書士が代理し施すことにより着実に手続きに取り組むことができます。

Page Top