前へ
次へ

どのような時に不動産登記の手続きを行うか

不動産登記の手続きが行われるのは、主にマイホームを買うタイミングです。
所有権を明らかにしておくために、登記の手続きが行われる訳です。
基本的には、司法書士に依頼して手続きを進めてもらう事になります。
自力で手続きを進めるのは大変ですし、住宅物件の決済をするタイミングで、その士業の方にも来てもらうケースが多いです。
ところで、登記の手続きが行われるのは、何もマイホームを買う時だけではありません。
その他のタイミングもあります。
そもそもマイホームは、たまに持ち主が変わることがあります。
例えば引っ越しです。
何らかの理由があって転居する時には、もちろん持ち主は変わるでしょう。
持ち主が変更になった以上は、もちろん保有者も変わる訳です。
不動産物件の保有者の情報は、常に明確にしておくに越した事はありませんから、引っ越しした時には登記の手続きも行われます。

それだけでなく、不動産物件を譲渡した時にも登記の手続きを行わなければなりません。
例えばAさんが保有していた物件を、Bさんという人物に譲る時にも登記の手続きは必要です。
上記でも触れた通り、不動産登記は持ち主を明らかにするための手続きです。
AさんからBさんに変更になった以上は、もちろん持ち主が変わります。
ですから贈与などで不動産物件が譲渡された時にも、登記の手続きが行われる訳です。
そうかと思えば、住宅ローンもあります。
そもそもマイホームは、ローンを組むケースが殆どです。
住宅を現金一括で購入するのは、少々ハードルは高いでしょう。
しかしローンの返済を続けていけば、いずれは完済になります。
そのタイミングでも、不動産登記の手続きが行われます。
上記のように、登記は色々なタイミングで行われます。
基本的には、名義変更とマイホーム購入した時に手続きが行われると考えて良いでしょう。
何らかの事情があって、持ち主を明らかにしておきたい時に、その手続きが行われる事が多いです。

Page Top