前へ
次へ

不動産登記を行うなら司法書士がおすすめ

土地や建物を売買したり、相続したりした場合に所有権を移転するために不動産登記を行う必要があります。
持ち主がはっきりしないとトラブルになる可能性があるからです。
また住宅ローンなどを組む場合に、銀行からお金を借りるときに不動産に抵当権設定の登記を求められます。
抵当権はローンの支払いの終了で消えますが、抵当権の抹消登記を行わなくてはならないのです。
そして登記事項証明書については法務局で誰でも閲覧することができます。
しかし地番、地目、地積、構造、所有者や共有者の名前など様々な情報が記載されていて読み解くのも大変です。
また仕事に追われてなかなか時間が取れない方は、不動産登記を行うのはかなりの負担になります。
そこでおすすめしたいのが不動産登記の専門家である司法書士に任せることです。
土地建物の取引に精通した司法書士なら、正確で迅速に登記を行ってくれるので安心です。
司法書士は登記に必要な書類を書いたり、面倒な手続きを一括して行ってくれます。

Page Top