前へ
次へ

不動産登記が必要な理由と申請の方法

不動産は財産とみなされ固定資産税の課税対象となりますので、不動産を取得した場合には名義変更の不動産登記が必要となります。
また、地目変更や地積変更、建物の面積や構造が変更となった場合などにも固定資産税の料率が変わってきますので、不動産登記が必要となります。
不動産登記の申請は法務局で行う事となりますが、不動産登記に於きましては不正や間違いがあってはいけませんので、一般的には弁護士や司法書士などに依頼し行うケースが殆どです。
特に名義以外の部分の変更には測量が必要になったり、申請書類作成の難易度や手間もハードルが上がりますので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼すると言う選択がベターだと言えます。
不動産の売買や相続によって申請が必要となった場合には弁護士や司法書士への相談依頼も可能ですが、法務局や自治体の役所などで無料相談も行っていますので、気になる事や不安な事があれば利用してみると良いでしょう。

Page Top