前へ
次へ

不動産売買には、不動産登記が必要です

新聞広告をよく見ます。
その中にかならずあるのが、不動産の広告です。
高額な買い物ですから、一生に一度かもしれないマイホームが、一枚の新聞広告によって、決まるかもしれないと言うのは、不思議な感覚です。
でも、多くの人がマイホームを購入するにあたり、いろいろな媒体の情報を得て購入しています。
ある方は、地域の新聞広告が主たる媒体である方も多いです。
先に住まい住む地域を限定して、マイホームを購入する方が多いのも、事実です。
住み慣れた場所で、自分のマイホームが手に入れば、申し分ありません。
ただ、いろいろと制限があるのも事実です。
建築条件が付いていたり、建てられる家の階層や広さなど、いろいろな法律や条例によって、定められています。
法律の中に、不動産取引がある以上、法律の関与が必要不可欠です。
その法律の中でも、不動産の売買によって、不動産登記法に定められた登記の手続きが必要になります。
誰から所有者か、土地の大きさや建物の構造など、届ける必要がありますし、売買によって、新しい所有者として、不動産登記法に基づいて、登記することで、自分が真の所有者であることを主張できます。
必要不可欠な手続きになります。

Page Top